非会員さま
ご入会・見学予約
会員さま
施設予約

NEWS / BLOG

お知らせ・ブログ

食生活シリーズ1▶目標設定

こんにちは!

”You are what you eat!” ”あなたはあなたが食べたものでできている!”

☝こんな言葉を聞いたことありませんか?

毎日の食事があなたの人生をつくります。過言ではありません!

筆者は15年ほど前に野菜ソムリエの資格を取得しました。

同時に食生活を見直した結果、文字通り人生が変わりました✨

その食生活の一部を大公開!

シリーズ編で続きがあります!

<内容>

1.目標を明確にする
2.目標達成のための食生活を計画する (Plan)
3.計画に基づいて食生活を実行する (Do)
4.実行して分かった足りない部分を見直す (Check)
5.修正した食生活を実行する (Action) ←今回はここまで
6.筆者の例

*********************************************

1.目標を明らかにする

まずは根本的な質問から。

あなたの人生の目標は何でしょうか?

出世街道をひた走る? 一芸に秀でる? 家族との時間を第一にする?・・・

人生の目標が明確でない場合は、10年後の目標を考えてみてください。

Thinking time…

あなたは10年後、どうなっていたいですか?

2.目標達成のための食生活を計画する (Plan)

目標がはっきりしたら、それを達成するための食生活を考えます。

ポイント4つ——————————————————————————————

①食事にかけるお金

②食事にかける時間

③何を食べるか

④誰と食べるか

————————————————————————————————————–

ポイント① 食事にかけるお金

あなたの収入の内、いくら食事に割けそうですか?

日々、なんとなく買ってる~ というお金の使い方でしょうか??

いくら食事に使うかあらかじめ予算を決めてしまいましょう!

ポイント②食事にかける時間

ポイント①と考え方は同じです。

目標が何かによって、食事にかける時間も変わるでしょう。

仕事に打ち込んでいる人は時短で済ませたい、、、

家庭に重きを置く人は自宅での時間が欲しい、、、等

あなたは一日24時間のうち、どの程度食事に時間を割けそうですか??

ポイント③ 何を食べるか

一日に何を、どれだけ、食べればよいか。

以下が、健康な体を維持するための目安です。

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」では、一日に必要なエネルギーや栄養素が示されています。

▼ 一部抜粋 ▼

表 推定エネルギー必要量 ( kcal / 日 )

出典:「日本人の食事摂取基準」 厚生労働省

例1) ハンバーガーセット 約850kcal /タンパク質21g 脂質33g 炭水化物110g

例2) 焼肉定食 約800kcal /タンパク質25g 脂質30g 炭水化物100g

例3) コンビニ弁当 約760kcal /タンパク質24g 脂質26g 炭水化物101g

*******************************************

しかし多忙な日々、、、

毎回の食事のカロリーや栄養素を計算するのはちょっと面倒、、、、

そんな方にはコチラをチェック▶▶▶厚生労働省の「食事バランスガイド」

食事の量を、かんたんに器の数で測る方法です。

また栄養もおおまかに5種類で分類しています。

▼ 一部抜粋 ▼

出典: 食事バランスガイド簡易版 厚生労働省

*************************************

例) 活動量ふつうの女性

朝食:食パン1枚、ゆで卵1個、野菜サラダ、ヨーグルト1パック、みかん1個

昼食:スパゲッティー、野菜の煮物、果汁100%オレンジジュース

夕食:豚肉の生姜焼き、みそ汁、ホウレンソウおひたし、ひじき煮物、ごはん中1杯

********************************

いかがでしょうか。

上の例では、1日で必要な栄養をすべて満たす組み合わせを出しました。

が、実際は難しいかもしれません。

そんな方は2,3日サイクル、もしくは1週間サイクルでバランスをとることを意識してみてはいかがでしょう。

外食やコンビニ弁当の日が続いたら、、、

週末や仕事の早く終わった日に野菜をたくさん食べる、でもいいですね!🥬🥕🍅🍆

何をどれだけ食べればよいか、まず一度、見直してみましょう!

ポイント④誰と食べるか

食事の持つ重要な側面に💛コミュニケーション💛があります。

家族とのコミュニケーションの場に食事を位置付けるのはよくある話かと思います。

また仕事で重要な相手と食事を共にする、という方もいるでしょう。

心理的にもありますよね♡

☝これら4つのポイントをふまえて振り返ってみるとどうでしょう??

日々の食生活に改善点はありそうですか??

実はこのステップとても大切なのです。

あまり意識していなかったことを具体化する作業。

ぜひ取り組んでみてください!!😉

さて、計画が終わりました。計画が終わったら???

実行ですね。

実行すると、「ここが気になる」「こうした方がよい」という改善点がまた出てくると思います。

そういった改善点はすぐに取り入れて、細かく変更していってくださいね。

3.計画に基づいて食生活を実行する (Do)

(例)モデルを目指す女子大生Aさん。大学生活と美容追及の両立を目指す。

食事は三食自炊し、良質のたんぱく質と新鮮な野菜をたっぷり摂る!と計画。

4.実行して分かった足りない部分を見直す (Check)

(例)Aさんは計画した食生活を実行して、朝時間が足りなくなることに気づいた。

朝食に野菜たっぷりのスープを作ろうと考えていたが、起床して台所に立つ時間があまりとれないなぁ。。。

5.修正した食生活を実行する (Action)

(例)Aさんは朝食スープ用の野菜を前日の晩に切って冷蔵庫に入れることにしてみました!

☝この3つを意識し、毎日進めてみます!

PDCAサイクルを回転速くすすめるイメージです。

いかがでしたか?

次回は著者が取り入れている食生活を紹介しますね!

参考になれば幸いです😊

Well-being Fitnessで、皆さんの日々の食事への工夫、是非おきかせください!

次回は時短で美味しいレシピをご紹介しまーす!乞うご期待!

公式LINEアカウント開設しました。

ACCESS

〒665-0061
兵庫県宝塚市仁川北3丁目7-20
仁川リバーサイドヒルズ 1階

[ 駐車場 ] 当店ご利用の方は90分無料

※お車でお越しのお客様へ

県道337号線(中津浜線)から入る、仁川沿いの道は一方通行のためご注意ください。